現金を持たずに飲食可能

ウェイトレス

スマホで簡単決済

近年、ビジネス関連のニュースなどでしばしば取り上げられる話題の1つに、ビットコインがあります。ビットコインは仮想通貨と呼ばれるものの1つです。簡単に言えば、デジタル技術によってネットワーク上で実際のお金のように通用する「情報」です。このように聞くと、大手小売業者などが導入している電子マネーと同じもののように思われますが、少々異なります。ビットコインには特定の運営主体というものがなく、利用者相互の善意(及び相互監視)によってシステムが成り立っています。そのため、電子マネーのように運営元の企業が倒産したりすることで価値がなくなってしまうといったリスクがありません。このビットコインですが、以前は海外送金を簡単かつスピーディに行うための手段として主に利用されていました、しかし最近では、街中で利用できる機会も増加しています。わが国でもビットコインの使える店は年々増加しています。ビットコインの使える店は、家電量販店から飲食店まで多岐にわたります。現在では特に居酒屋やダイニングバーなどに使える店が目立っています。その他、焼き肉店やすし店などの中にも導入する店が次々と現れています。客にとってのビットコイン決済の魅力は、何と言っても現金を持ち歩く必要がないという点です。クレジットカード決済に対応していない店でも、スマートフォンやタブレットなどの電子端末があれば簡単に代金の支払いができます。もちろん署名やカード認証などの手間は不要です。この手軽さをメリットとして、ビットコインの使える店は今後ますます増えていくものと予測されています。

Copyright© 2017 美味しいイタリアンを食べよう!味のいいお店の選び方 All Rights Reserved.